トイレのつまり・蛇口の水漏れ、水まわりのトラブルは毎日水道サービスが出張修理いたします。

サービス内容・料金
トイレ
蛇口・台所
お風呂
洗面所・洗濯機
排水口・排水管
漏水調査
対応エリア
香川県
愛媛県
高知県
徳島県

閉じる

小便器のトラブル(水がとまらない・つまり)

 

小便器のトラブルで多いのは以下の通りです。
・水がとまらない
・水の勢いが強い、水の勢いが弱い
・水が流れる時間が長い、短い
・つまり
・水漏れ
 
水が止まらなくなる原因は
フラッシュバルブという部品が老朽化していたり、
ゴミがつまっている場合が多いです。
長い間使っていると配管まで老朽化してしまっている可能性も
ありますので専門の知識をもった作業員におまかせ下さい。
また、水がとまらない・水漏れしているという場合は
水道料金が嵩むので出来るだけ早く修理をされることをおすすめします。

小便器のトラブルで多いのは以下の通りです。

・水がとまらない

・水の勢いが強い、水の勢いが弱い

・水が流れる時間が長い、短い

・つまり

・水漏れ

 

水が止まらなくなる原因は

フラッシュバルブという部品が老朽化していたり、

ゴミがつまっている場合が多いです。

長い間使っていると配管まで老朽化してしまっている可能性も

ありますので専門の知識をもった作業員におまかせ下さい。

 

また、水がとまらない・水漏れしているという場合は

水道料金が嵩むので出来るだけ早く修理をされることをおすすめします。

>>>トイレのトラブルについてはこちら<<<

トイレの便器や便座が割れたら気をつけること

 

便座はプラスチック便器は陶器の為、
強い衝撃に絶えることが出来ず
割れたりヒビがはいることがあります。
割れた便座を使用するのは大変危険ですし、
小さなヒビでも怪我をしかねません。
また、温水便座は電気製品なので
設置方法や使い方を間違えると出火する危険性もあります。
過去にヒーターの配線が断線して起きた火災もありますので、
破損した場合は早めに取替えすることをオススメします。

便座はプラスチック便器は陶器の為、

強い衝撃に絶えることが出来ず

割れたりヒビがはいることがあります。

 

割れた便座を使用するのは大変危険ですし、

小さなヒビでも怪我をしかねません。

また、温水便座は電気製品なので

設置方法や使い方を間違えると出火する危険性もあります。

過去にヒーターの配線が断線して起きた火災もありますので、

破損した場合は早めに取替えすることをオススメします。

 

>>>トイレのトラブルについてはこちら<<<

トイレのリフォームについて

毎日使うトイレは常に清潔で落ち着ける場所にしていたいですよね。

色やサイズのほかにも節水トイレやお掃除トイレなど

様々な種類がありますので、

ご家庭にあうトイレに変えてみるのはいかがでしょうか?

 

また、古くなったトイレや配管は

“つまり”を引き起こすこともあります。

朝やお出かけ前にトイレがつまりますと

水が溢れ出して1日の予定が台無しになってしまうかもしれません。

 

トイレの不調を感じましたら放置せず、

一度お電話下さいます様お願いいたします。

 

トイレを丸ごとリフォームしなくても

一部の部品交換などですむ場合もありますので、

現状の方を見せて頂ければと思います。

 

あわせてトイレの壁や床のリフォームや

和式から洋式へのリフォームも承っています。

お年寄りや妊婦さんにとって和式のトイレは

想像以上に負担が大きいですので

お気軽にご相談ください。

>>>トイレのトラブルについてはこちら<<<

トイレの節水―その節水方法、間違っていませんか?―

トイレの水を一回流すために必要な水の量をご存知でしょうか。

一般的なトイレですと1回分は大体10L以上のものが多いです。

また、少し古いトイレになりますと20L近くの水を

必要とするものもあります。

 

そのためご家庭で必要とするお水の約20~30%は

トイレで流す水で占めているといわれます。

 

以上のことからトイレの節水をご検討している方、

または実践している方は多いと思います。

 

そんな中でよく耳にする節水方法に

“タンク内にペットボトルやレンガをいれて水の量を減らす”

というものがあります。

 

実践している、していたという方も多いのではないでしょうか?

実はこの節水方法は間違ったもので

トラブルを起こす原因にもなる危険な方法です。

 

↓間違った節水方法で起こるトラブル↓

・つまり

・水が止まらなくなる

・動作不良

 

タンク内の水はそのトイレに必要なだけの量を溜めており、

勝手に水の量を減らしてしまうとつまりを引き起こす可能性があります。

見た目では流れているように見えていても、

奥の配管まで水流が届かずつまってしまう事がよくあります。

 

また、タンクの中に異物を入れることで

タンク内の部品やチェーンに接触して動作不良を起こす事があります。

 

 

もしトイレの節水を始めようをお考えであれば、

水を流す時に「大」「小」を使い分けたり

節水用のトイレへの変更をご検討ください。

 

節水トイレは水の量が少なくても差し支えないように

設計されていますので安心して節水ができます。

 

>>>トイレのトラブルについてはこちらから<<<

便座のぐらつき、がたつきの直し方

 

便座のがたつきやぐらつきは便器や便座に汚れが付着している時や
クッション材が取れている時に起こります。

便座のがたつきやぐらつきは便器や便座に汚れが付着している時や

クッション材が取れている時に起こります。

 

便器や便座を丁寧に掃除し、クッション材がきちんと

着いているか確認してください。

 

クッション材は便座の裏側に2~4ヶ所ついている楕円のパーツで

稀に紛失したり潰れたりすることがあります。

これがない、あるいは潰れていると

最悪の場合には便座が破損するケースもあります。

 

 

もし汚れやクッション材に問題がない場合は

便座を固定しているナット等がゆるんでいる可能性があります。

ナットを締め直せばがたつきやぐらつきが

解消される場合がほとんどですが

便器は陶器、便座はプラスチックのため

きつく締めすぎると破損する可能性があります。

 

ご自分で直す場合は気をつけてくださいね。

 

>>>トイレのトラブルについてはこちらから<<<

[1] [2] [3]

水のトラブル豆知識
トイレのトラブル(15)
キッチンのトラブル(6)
お風呂のトラブル(8)
洗面所のトラブル(3)
洗濯場のトラブル(2)
排水管・給水管・その他のトラブル(7)
蛇口のトラブル(7)

対応エリア

水道局指定店の地元スタッフが対応します!

中国、九州エリアも対応可能!